ASRock 990FX Extreme4 レビュー

990FX Extreme4
SSDに引き続きまして、以前からレビューをしたいと思っていた990FX Extreme4のレビューを書かせていただきたいと思います。
このマザーボードは、約一万三千円というお手ごろな価格ながら、豪華な付属品やバランスの良い性能で評判となっているボードでございます。
私も実際使ってみて、非常にスムーズな導入を行うことができました。
それではレビューしていきたいと思います。


・スペック
メーカーサイトへどうぞ
ここを見ていただければ一目で何もかもわかると思いますが、一応簡単に紹介しておきます。

対応CPU:Socket AM3/AM3+ プロセッサ FXシリーズの8コアCPUにも対応
チップセット:990FX/SB950
システムメモリの最大容量:32GB
BIOS:GUI でサポートされた 32Mb AMI UEFI Legal BIOS
拡張スロット:3 x PCI Express 2.0 x16 スロット
– 2 x PCI Express 2.0 x1 スロット
– 2 x PCI スロット
– AMD Quad CrossFireX™, 3-Way CrossFireX™およびCrossFireX™
– NVIDIA® Quad SLI™、SLI™をサポート
SATA3:6 x SATA3 6.0 Gb/s コネクタ (AMD SB950)、2 x SATA3 6.0 Gb/s コネクタ (Marvell SE9120)
USB 3.0: 2 x リアUSB 3.0 ポート、 1 x フロントUSB 3.0 ポート
IDE:ATA133 IDE コネクタ (2 x IDE デバイスのサポート)

何かうまくまとまらなかったですが、主要なスペックはこのような感じです。
USB3.0を搭載している上に、IDEがいまだに使用できます。
また、BIOSがUEFIなのも地味にうれしいところですね。
普通のBIOSに毛が生えた程度なんですが
同価格帯の製品の中でも、充実した性能を誇っているのではないでしょうか。
・付属品
私がこのボードを選んだ理由として大きいのが、付属品が非常に充実しているというところです。
一万三千円クラスのボードとは思えない付属品は以下の通り

付属ディスク
– ドライバ, ツールソフト, アンティウィルス (トライアル), CyberLink MediaEspresso 6.5 トライアル, AMD Fusion, AMD Fusion Media Explorer, ASRock Software Suite (CyberLink DVD Suite – OEMおよびトライアル)
付属品
– 1 x ASRock SLI_Bridge_2Sカード
– クイックインストールガイド、サポートディスク、I/Oパネル
– フロッピーディスク/ATA 133ケーブル
– 4 x SATAフラットケーブル
– 2 x SATA電源コード
– 1 x 3.5mm オーディオケーブル
– 1 x フロントUSB 3.0パネル
– 4 x ハードドライブ用ねじ
– 6 x 筐体用ねじ
– 1 x リアパネルにUSB3.0用ホルダー

ここには書かれていないようですが、電源コンデンサ部分のヒートシンクに取り付けるファンまで付属しています。
SATAケーブルは、2本が下L字型で2本がストレートだったでしょうかね。
このボードを買えば、こまごました物はなにも買わなくていいくらいに付属品が充実しています。
入門機にも最適。
・開封
またまた開封動画でございます。
10,000円程度ながらもこの箱の質感、大きさは高級感があり、非常に満足できました。

・その他
第2世代FXシリーズのCPUも載せることができるののはうれしいです。
むしろそれが目的で買ったんですが。
もしかしたら第3世代のsteamrollerも乗るかも。
互換性に関しては文句なしですね。さすがAMD。
NBのヒートシンクが大型で、クーラーと干渉する可能性がありますので注意してください。
私の愛用しているKABUTOは乗せることができました。
電源部分を冷却できるファンが最初からついているのがうれしいですね。
ケースファンのコネクタが中心と上部にしかありません。
ボトムにファンを搭載したい場合、俺のように延長ケーブルを買わなければならない場合があるので注意。
そういえばこのボードはオンボードサウンドが良質だというレビューをよく見かけます。
私はパソコンで音楽をあまり聞かないのでわかりませんが
付属のドライバ類インストールメディアは非常に優秀だと思いました。
もちろんすべて日本語化されていて、インストールも一括でできます。
また、ドライバだけをインストールすることも可能でした。
UCCでワンタッチOCできるそうなんですが、私はBIOSから直接いじっています。
今度使ってみよう。


また何か気がついたら更新します。
書いてるうちに何が書きたいのかわからなくなってしまいました
というわけで、990FX Extreme4のレビューでした。
価格も低価格で、パッケージは高級感があり、付属品も拡張性も満足のいく製品でした。
互換性も高く、AMDユーザーならばきっと満足できる一品だと思います。


Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)