サーバー構築 UBUNTUSERVER編 nginx

続いてウェブサーバーを構築しておきます。ウェブサーバーといえばapacheなのですが、私はnginxを愛用しています。なんとなく。

nginxではphpを動かすために設定が必要なので注意してくださいね。

sudo apt-get install nginx

でサクッとインストールできます。とりあえずufwで80番ポートを許可して、アクセスしてみてください。ページが表示されれば成功しています。

続いてPHPを入れてみます。

sudo apt-get install php5-fpm

入れただけでは動いてくれませんので、nginxの設定ファイルを開きます。

sudo vim /etc/nginx/sites-available/default

で、以下の部分がコメントアウトされているので、以下のような状態にしてください。

location ~ .php$ {
fastcgi_split_path_info ^(.+.php)(/.+)$;
# # NOTE: You should have “cgi.fix_pathinfo = 0;” in php.ini
#
# # With php5-cgi alone:
# fastcgi_pass 127.0.0.1:9000;
# # With php5-fpm:
fastcgi_pass unix:/var/run/php5-fpm.sock;
fastcgi_index index.php;
include fastcgi_params;
}

保存したらnginxを再起動します。

sudo service nginx restart

動作確認のために、phpのスクリプトを設置してみましょう。

sudo vim /usr/share/nginx/html/info.php

で、下の一文を追加して保存します。

<?php phpinfo();?>

phpの情報が表示されていれば成功です。

 

これでPHP対応のウェブサーバーを構築することが出来ました。

 

ドキュメントルートを/var/wwwにしておくと管理が簡単かもしれません。また、wordpressなどを使うときはindexにindex.phpを入れておくのを忘れずに。

phpからsqlにアクセスする可能性がある場合、php5-mysqlもインストールしておきましょう。


Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)