XOOMでのスクリーンショット撮影方法(Android SDK使用)

お久しぶりです。
更新停止を宣言しましたが、せっかくXOOMを購入したのでいろいろ書いていきたいと思います。
とりあえず、スクリーンショット。
ios端末と違って超めんどくさいです。
スクリーンショット集
ホーム画面
怒鳥
撮影方法は続きへ!


続き↓
それでは撮影方法を紹介していきたいと思います。
※アンドロイド端末共通ですが、XOOMでのみ確認をしています。
この方法では、Android SDKのDDMSを使用します。
①XOOM用ドライバのインストール
モトローラのサポートページより、ドライバをダウンロードします。
Motorola USB Drivers
ページ中央の「Download Motorola 4.9.0 Driver with MotoHelper*」をクリックしてダウンロードしてください。
インストールは他のソフトと変わりませんので、
いつも通り指示に従ってインストールしてください。
②JAVA(JRE)のインストール
Android SDKを使用するために、JAVA環境をインストールします。
あなたとJAVA,今すぐダウンロード
ページ中央の「無料JAVAのダウンロード」をクリックします。
ここでOSが判別され、自動で対応したバージョンのダウンロードページへと飛びます。
もう一度「無料JAVAのダウンロード」をクリックすることでダウンロードできます。
インストール方法は通常通りです。
が、途中で起動しているソフトの終了を求められますので注意してください。
③Android SDKのインストール
スクリーンショットを撮るために、Android SDKをインストールします。
Android SDK
「android-sdk_r10-windows.zip」をダウンロードしてください。
中にある「android-sdk-windows」フォルダをCドライブ直下に解凍してください。
※この場所以外に解凍しても大丈夫ですが、ここではC直下に解凍したということで話を進めます。
④Android SDKパッケージのインストール
スクリーンショットを撮影可能にするために、パッケージをインストールします。
先ほどSDKを解凍したフォルダを開き、「SDK Manager」をダブルクリックで起動してください。
起動させると3つ程ウィンドウが開くと思います。
「Choose Package to Install」はcloseで閉じてください。
「Android SDK & ADV Manager」の「Available packages」をクリックします。
「Android Repository」のメニューを開き、「Android SDK Platform-tools revision 3」にチェックを入れます。
完了したら右下の「Install Selected」をクリックしてください。
これでインストールが完了しますので、SDKマネージャーは閉じてください。
⑤PCの環境変数パスにパスを追加
※Windows7で確認
「コントロールパネル」「コンピュータ」などから「システムのプロパティ」を開きます。
左メニューの「システムの詳細設定」を開きます。
「詳細設定」タブの「環境変数」をクリックします。
「システム環境変数」の「Path」をダブルクリックします。
「変数値」の場所に

C:\android-sdk-windows\tools;C:\android-sdk-windows\platform-tools

を追記します。
※すでにいくつかパスが記入されている場合、消さないようにしてください。
最後尾に ; を追記したのちに、上のパスを書き込みます。
完了したらOKボタンを押しウィンドウを閉じます。
適用させるために再起動します。
⑥XOOMの「USBデバッグ」を有効にする
「設定」を開きます。
「アプリケーション」の「開発」を開きます。
「USBデバッグ」にチェックを入れてメニューを閉じてください。
⑦XOOMとパソコンをUSBで接続
USBでXOOMをパソコンにつないでください。
自動でドライバが適用されます。
⑧スクリーンショットを撮影
先ほどSDKを解凍したフォルダの中の、「tools」フォルダの
「ddms.bat」をダブルクリックで起動します。
開いたウィンドウの中央にある表にXOOMが表示されているはずです。
(「Name」の場所に機種の番号が表示されています。)
表示されている番号をクリックで選択します。
選択後、上部メニューの「Device」をクリックし、「Screen Captur…」をクリックします。
すると、XOOMの画面が表示されます。
☆使い方
Refresh…端末の画面を再読み込みします。
Rolate…画像を回転させます。
Save…画像を保存します。
これで完了です。
お疲れさまでした。


Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)