XOOMレビューしていくよ!

おはようございます。
XOOM.jpg
何だかんだ言ってXOOMユーザーになってから一カ月ほどが経ちました。
せっかくなので、レビューを書いていきたいと思います。
ほんとはここにフォトギャラリー見たく写真を掲載したほうがいいと思うのですが、
それはまたの機会ということで。
いつもおなじみ箇条書きで行きます。


いいところ
・UIのカッコよさ
これは言わずもがなですね。
ハニカムのUIのカッコよさはiosにも勝ると思います。
・世界初のハニカム搭載機
XOOMが世界で一番最初にハニカムを搭載しました。
自己満足ではありますが、やはり貴重なものだと思います。
・デザインのかっこよさ
androidタブレット端末では一番かっこいいのではないでしょうか。
いや、五十歩百歩ですけどね。
・動作のサクサク感
さすがメモリ1G。
量でごり押し。
・タッチの滑らかさ
モックを初めて触った時に驚きました。
androidもここまで来たかと。
今までの端末とは比べ物にならないくらいヌルヌル動きます。
・ウィジェット
これだけはipadでは勝てません。
ホーム画面に直接twitterやメールを表示できます。
この機能があるからXOOMを買ったといっても過言ではありません。
・ステレオスピーカー
ipadはモノラルスピーカーですね。
…実際どっちでも大差ないか。
ただ、使用しているipodtouchのスピーカーより音質がいいことは確かです。
・アプリ
大体のアプリが動きます。
問題なく。サクサク。
普通にエミュレーターなどが公開されているのがすごい。
・Flash
これもipadでは太刀打ちできない部分ですね。
実際、普通にネットを見ていてflashを使うことは少ないのですが、
いざというとき(?)に便利です。
・マルチタスク
マルチタスクってこんなに便利なものだったんですね。
タスクバーからいつでも他のアプリを操作しに行くことができます。
便利。
わるいところ
・横向き前提のデザイン
基本的に横で使うからいいんだけどさ。
縦でも横でも美しいデザインを希望します。
・重量
確かに重い。
ケースを付けるとさらに重い。
やはり片手で使い続けるのはきついレベル。

↑使用しているケース
・厚さ
ipadと同じくらいの厚みがあるようです。
ケースをつけるとさらに厚い。
ケースに入れなければ気にならない程度。
・タッチの引っ掛かり
android端末特有の引っ掛かりはまだ健在。
これも気にならないレベルではありますが、
ipadのような超ヌルヌルというわけではないので注意。
・動作のもたつき
これは↑と同じかな。
画像一杯のサイトにアクセスをしたりすると、多少のもたつきがあります。
・USBが未付属
…ついてるものだと思ってたからさ。
miniUSBがごろごろしている我が家にもmicroUSBケーブルはありませんでした。
(どっかで見たことがある気がしたんだけど…。)
パソコンとつなげる場合は購入必須です。

↑使用しているmicroUSBケーブル。
コスパ最強。
・周辺機器
まだ周辺機器の玉数が少ないですね。
ケースに入れるかどうかも迷ったのですが、へこみ怖いということでケースに入れています。
もっといろいろな周辺機器が登場するといいですね。
・アプリ
大体のアプリがハニカムでも動くのですが、いくつかのアプリで問題が。
本体の傾きを感知して操作するゲームなどだと、向きがあべこべになっています。
あと、ブラウザの原因不明の強制終了がたまに。
・動画再生の弱さ
mp4が再生できないようです。
動画によっては多少のカクツキが発生。
グラフィックの能力はまだまだ発展途上。
とりあえず思いついたことを書いてみました。
なにかXOOMについて気になる点があれば、
コメントしていただければ回答させていただきます!


Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)