Linuxシステムに意図的な負荷をかけるstressコマンド

例えばシステムの高負荷時の挙動を見たいとか、消費電力を確認したいとかいう場合、意図的に負荷をかけることのできるstressというコマンドが存在します。

CPUはもちろん、メモリやストレージにも負荷をかけることができる模様。

sudo apt-get install stress

で簡単にインストールが出来ます。

使用方法は、

stress --cpu 2 --timeout 1m

のような感じ。上の例ではCPU2コアに一分間負荷をかけ続ける事になります。

他にも–vmではメモリ、–hddではHDDへの負荷をかけられるようです。

詳しくはヘルプを見て下さいね!


Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)