ダイヤテック Majestouch用二色成形キーキャップ

こんにちはPCOKです。
先日Majestouch2のレビューをしましたが、実は二色成形キーキャップなるものも購入しておりました。
DSC_0077.jpg
それがこちらでございます。
二色成形キーキャップとは、2つの樹脂を使ってキーキャップを二重構造にすることで、
通常のキーキャップよりも重量を持たせることができるものです。
また、外側の素材と、文字の素材を分けることにより、
いくら表面が摩耗しても文字が消えることはありません。
古いキーボードではこの二色成形がよく見られたのですが、
ハイコスト故にだんだんと廃れていってしまいました。
そんな二色成形キーキャップを、ダイヤテックさんが販売しております。
詳しくはHPをどうぞ


DSC_0078.jpg
近くで見るとこんな感じ。
ハイプロ仕様ということで、背が高く表面が大きく湾曲しています。
また、ホームポジションを示すFとJはくぼみが大きくなっています。
DSC_0081.jpg
ひっくり返してみるとこんな感じになっています。
右にあるのが通常のキーキャップ。
左側の二色成形のほうは、裏に白い樹脂が入っていて二重になっているのがわかるかと思います。
DSC_0080.jpg
取り付けてみます。
通常のキーキャップより3ミリ程度背が高くなっています。
DSC_0082.jpg
写真のフラッシュの関係でめっちゃ茶色に見えますが、実際はもっと暗く見えます。
ただ、一応カラーは茶色ということなので、気になる方はご注意を。
という感じで、自分でひたすら交換していきます。
割りと大変でした。
では、打鍵音をどうぞ

さすがの二色成形で、重厚感のあるコトコトした音になっています。
ダイヤテックの説明では軽く打てるとのことでしたが、体感的にはむしろ重くなった…?
また、キーキャップ表面がテカテカなので、手汗指汗をかくと滑りが悪くなってタイピングが乱れそうです。
私は茶軸のキーボードで使用しましたが、黒軸との相性は良さそうですね。
ハイプロモデルということで好き嫌いありそうなので、ぜひ普通のモデルも出していただきたい。
茶軸本来のカチャカチャ感はゼロになりますので、打鍵音打鍵感も好き嫌い分かれそうです。
ただ、キーボードをカスタマイズした満足感は保証できます。
もし5000円ちょいだして交換してみたいという方がいましたらぜひ、
ダイヤテックさんからご購入ください!


Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)