【自作PC講座】iPhoneの友人と送る、CPUの選びかた

phenom.jpg
こんにちは
iPhoneの友人です。
今回はCPUの選び方ということで
知ったか知識をひけらかしたいと思います。
CPUは脳みそとかよく書いてありますが、
自分はCPUなんか適当でいいと思います。
それはオーバークロックができるからで
値段も性能も”低すぎず高すぎず”ってくらいのを選ぶといいとおもいます。
最近ではcore i7などが出てきてますが
この辺についてはすいませんわかりません
グラフィックス機能が内臓されていたり、チップセットとの組み合わせがどうとかあります。
またAMDは安いので全体的に安く組めます。
しかしメーカー製などでは搭載されていなかったりするのであまり耳にしないかもしれません。
発熱がどうとか聞いたりしますが一般的に扱うのならば財布と相談して決めていいと思います。
さて話が戻りますがcore2とかCMバンバンやってましたよね
そのcore2実はオーバークロック耐性が案外高いということが言われてます。
AMDについては知識がいまひとつで何とも言えないんですがOCが結構できるらしいです。
しかも案外いいとかなんとか
これにより性能の上乗せができるなんてこともありますので一概に値段が高いのがいいとは言えないということです
corei7とかでもocできます。
なのでミドルあたりを目指す場合はOCした場合などを考慮に入れて選ぶといいと思います
しかしOCするときは自己責任です。
またCPUに負荷をかけるのでCPUクーラーなどを別途買う必要がある場合があります。
またメーカー製はOCできません。
自作PCのみの特権です。
型番はExxxxとQxxxxでDuoとQuad
その下の数字はデスクトップPC用で数が大きいほどクロック数が高いことになります。
またOCは上で+1GHzなんて話も聞いたことありますが、大体常用で300から500位にとどめたほうが壊れにくいです。
個体差があります、どこかでXXXHzあげれたと聞いてもそれに挑戦してあげすぎないでくださいこわれます。
方法としてちょっとずつあげてCPUのベンチマークソフトを使い安定性を考慮してください。
もし強制的にシャットダウンした場合などは、
BIOSを開きクロック数を設定しなおして起動してください。
そこについてはPCOKさんにまかせます。
疎い文章で申し訳ありません。


PCOKのおせっかい
現在インテル製CPUではLGA775、LGA1156、LGA1366なんていうソケットですが、
Coreiシリーズを搭載したいなら、LGA1156、1366搭載可能なマザーを、
Core2DuoやQuadを搭載したいならLGA775対応のマザーを選択しましょう。
ただLGA775は今後すたれていくであろう規格なので注意してください。
インテルはソケットの規格が比較的早く変わるので、なんとなく使い捨て感がある気がします。
それに比べてAMDはソケットの規格が緩めで、
新しいCPUでも現行のAM3ソケットで対応できるようです。
iPhoneの友人が書いてくれていましたが、
Duoはコア2つ、Quadがコア4つ認識されます。
すげぇものが2つ4つになるわけですから、やべぇわけです。
…俺もBIOSわかんねぇよ


 


Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)