ESXiでゲストOS(Linux)にVMware Toolsをインストールする方法

ESXiへの移行作業がほとんど終わったのですが、未だにVMware Toolsをインストールしていなかったのでどうやったかメモしておきます。

ちなみに公式のマニュアルはこちら

今回はESXiのゲストOSであるUbuntuServer14.04にインストールしていきます。

まず、vSphere Clientにログインし、インベントリにある対象の仮想マシンを右クリックします。

メニューにある「ゲスト(G)」から「VMwareToolsのインストール/アップグレード(W)」をクリックします。

メッセージが出ますが、そのままOK

続いて仮想マシンのコンソールやSSHから

sudo mkdir /mnt/cdrom
sudo mount /dev/cdrom /mnt/cdrom
ls /mnt/cdrom
tar xzvf /mnt/cdrom/VMwareTools-x.x.x-xxxx.tar.gz -C /tmp/
cd /tmp/vmware-tools-distrib/

さて、ここまでは全くマニュアル通りです。

この後インストールを行うのですが、公式のコマンドだと止まってしまう?ようだったのでちょっと変更

sudo ./vmware-install.pl

とします。公式だと-dという引数が設定されているのですが、これ実行するとレガシーインストーラーを使いますか?という選択でno(デフォルト)が選択されてしまって先に進めないようです。

これもしかしてGUI環境がないからですかね?とにかく私のUbuntuServerでは出来なかったので、-dを設定せずに進めました。

レガシーインストーラーを使いますか?に対してはyesと打ち込んでエンター。

後はひたすらエンターしてデフォルト値を選択していけば問題なさそうです。

インストールが終わると自動でメディア(Toolsが入ってる)がアンマウントされます。ダイアログが表示されるのでOK。

最後にrebootして終了です。


Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0Share on Google+0

1 comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)